クラウドストレージサービス「Dropbox」を展開する米国 Dropbox は、ビジネス向けメニュー「Dropbox for Business」の一般向け提供を正式に開始した。1チーム(ユーザー5人)でストレージ容量1,000GB から、月額利用料金75ドルで提供する。

ビジネス向け「Dropbox」正式リリース--1チーム5人、1,000GB から
「Dropbox」のビジネス向けメニュー提供開始

Dropbox for Business では、メンバー同士のファイル共有機能に加え、機密情報を守る「遠隔削除」、メンバーがチームから退会した場合に共有フォルダの所有権を移行する「アカウント移行」、管理者がアクティビティログを追跡できる「共有アクティビティ」といったビジネス環境向けの管理機能も提供する。


年払いでの利用料金は795ドル。ユーザー6人目以降は、1人につき年額125ドルで追加可能。現在14日間の無料トライアル版も提供中。

なお、2014年後半にはファイルの共同編集を円滑にするメッセンジャーなどを備えた「Harmony」ツールを実装予定としている。

「Harmony」ツールのイメージ(出典:Dropbox for Business 公式ブログ)
「Harmony」ツールのイメージ(出典:Dropbox for Business 公式ブログ)