LINE は、スマートフォン用の子ども向け動画配信サービス「LINE KIDS動画」について、利用に必要な iPhone アプリケーションを公開した。アプリケーション自体は無料で、1日最大40分であれば動画も無料で視聴可能。有料視聴プランとしては、約300本の作品が見放題になる月額500円(税込)の定額プランと、ほぼ全作品のうちの1つが見放題になる400円の1回払いプランを用意する。Android 版アプリケーションは、後日公開する予定。

まず iPhone から、子ども向け動画配信サービス「LINE KIDS動画」開始
LINE KIDS動画

LINE KIDS動画は、1歳から6歳の未就学児とその保護者による利用を想定しており、「保護者の方が安心してお子さんに見せられるアニメや実写作品」(LINE)を配信する。サービス開始時点で、1,500本以上の作品を用意している。


無料視聴ができるのは「タイマーシステム」を利用する場合。1日に視聴可能な時間は最大40分で、「毎日1本の無料視聴を想定」しているとのこと。視聴に必要な「タイマー」の保有時間は、8時間経過すると5分、1日経過すると15分が自動的に追加されるシステム。メッセージ交換/通話サービス「LINE」と連携しており、LINE 上の友だちにタイマーの時間を「おねだり」すると、1日最大15分増やせる。タイマー時間をプレゼントした LINE ユーザーのタイマーは減らない。

有料プランは、「LINE チョイス見放題プラン」と「番組見放題プラン」の2種類。前者は、月額500円で全コンテンツ中の約300エピソードが月替わりで見られる。後者は、400円で1つの番組を何度でも視聴できる。

子どもが利用することを考慮し、勝手なアプリケーション起動を防ぐ「チャイルドロック」機能、視聴時間を管理する「視聴時間履歴」機能も搭載している。

子どもの利用に配慮 左:チャイルドロック 右:視聴時間履歴
子どもの利用に配慮
左:チャイルドロック
右:視聴時間履歴