年末、青春18きっぷのおともにいかが?―「JR時刻表」をiPhoneで見られるアプリ
とりあえず無料試用できるから

そろそろ年末年始の休みが始まる。青春18きっぷで鉄道旅行としゃれこむ人は、いつものポケット時刻表の代わりに、iPhoneから使えるアプリケーション版を試してみてはどうだろうか。ちゃんと交通新聞社が開発した公式のものだ。

名前は「デジタルJR時刻表 Lite」。月刊誌「JR時刻表」と「東京時刻表」に収録している全路線の時刻表を、印刷版と同じ体裁で表示し、かつ目的に応じてカスタマイズできる。


画面はこんな感じ
画面はこんな感じ

乗換案内アプリの機能もあり、経路検索結果から時刻表や列車情報にリンクできるので、前後の列車を比較したり、運転日や編成設備を確認したりすることが可能。

また路線図の駅名をタップして出発駅、到着駅を選べる。検索のたびに文字入力する手間が省ける。またGPS機能を使って土地勘のない場所でも現在位置からの最寄駅を探せる。これに加え、よく使う経路をブックマークしておけば、時間のない朝や終電間際も駅を選ぶ手間を省ける。

路線図上のどの位置を表示しているか一目で分かる「ミニマップ」を備える。これに加え列車が多い路線でも初電から終電まで「スライダー」で簡単にスクロールできる。情報量の多い路線図や時刻表は「全画面モード」で表示できる。

料金は初回導入時に限りすべての機能を無料で7日間試用可能。その後は、1か月の自動継続チケットと、出張や旅行に便利な7日間チケットの2種類を利用できる。料金は例えば1か月チケットで360円。キャンペーンのため1月末まで250円で購入できる。

ちなみに、JR時刻表にはすでにiPad向けの高機能版アプリがあるが、そちらは1か月960円と結構かかる。

iPad向け高機能版はちょっとお高い
Pad向け高機能版はちょっとお高い

とりあえず新たなiPhone版を試用してみるのが無難ではないだろうか。