何があったの―フェンリル、突如モフモフした犬・猫動画の見放題アプリ「モフール」を公開
もっふもふやぞ

フェンリルは、もふもふした犬、猫が登場する10秒動画を好きなだけ見られるアプリケーション「mofur(モフール)」を開発した。iPhoneやiPadから無料で利用できる。

フェンリルによると、今やもふもふした犬・猫の動画は「かわいい」「癒し」の代表。動画共有サイトでは年齢、性別を問わず楽しまれている。一方、そうしたサイトではほかの動画もたくさんあるため、「興味ある動画が見つからない」「見たく(見せたく)ない動画もある」といった問題が生じる。


モフールはそうした環境を踏まえ、極限までもふもふした犬・猫に特化したアプリだ。1日何度も更新する人気ランキングや新着動画のリストから気になるもふもふした犬・猫を視聴できる。さらに見れば見るほどにアプリが好みを覚えてくれ、最適な動画をすすめてくれるとのこと。

気に入った動画はTwitter、Facebook、LINEでシェアすると、アプリを持っていない友達も視聴できる。

無料のユーザー登録をすると、自分の家族であるもふもふした犬・猫の動画を投稿することも可能。撮影機能と10秒カット機能、動画を加工するフィルタ機能も使える。また好きな動画に「いいね!」したり「ブックマーク」したり「コメント」を書いたりして、ランキングを上げられる。

ユーザーの通報をもとに不適切な動画やコメントは非表示にし、さらにフェンリルが巡回して問題のある動画を見えないようにする。一方、公式TwitterアカウントやFacebookページで、最新情報やおすすめの動画をシェアするそう。

しかし、「あのフェンリルが」とびっくりしてしまう人もいるのではないだろうか。神話に登場する恐ろしい狼の名を冠した同社は、従来デザイン性にこだわったWebブラウザ「スレイプニル」などの開発を手掛けており、硬派で、どちらかといえば玄人(くろうと)向けのアプリで知られてきた。まさか、こんなにもふもふしてしまうとは誰が想像できただろう。何があったのだろうか。