ドローンをますます身近に感じられそう。スマートフォンを活用した新型ドローン「PhoneDrone Ethos」が、クラウドファンディングサイト 「Kickstarter」で支援を募集しています。

スマホをドローンにする「PhoneDrone Ethos」が出荷に向けて着々【Kickstarter】
飛び立て、私のスマホ!

「PhoneDrone Ethos」は4つのプロペラを備えたドローン。iPhoneやAndroidスマートフォンなどを取り付けて飛ばすことで、空高くから撮影することができます。専用アプリが用意されており、飛行前にルートを設定したり、別のスマートフォンを使ってリモートコントロールしたりすることが可能。USB充電に対応しており、飛行時間は15〜20分だそうです。


簡単に取り付け可能
簡単に取り付け可能

飛行時の高さなどを設定できる
飛行時の高さなどを設定できる

気になるのは、飛行中のアクシデントによるスマートフォンの故障や紛失。開発元のxCraftはこのような心配に対して、「PhoneDrone Ethos」はアクシデント時の復旧機能や耐衝撃素材を備えていると説明。また、スマートフォンは防水ケースに入れてから取り付けられるとして、それでも不安な人は予備にもっている安いスマートフォンを使ってほしいとしています。

飛行中のアクシデントにも配慮した仕様
飛行中のアクシデントにも配慮した仕様

ところで、「このドローン、見覚えがある」と思った人もいるのでは?実はxCraftは、以前にも同様の「PhoneDrone」を発表。「Kickstarter」で支援を募っていましたが目標の25万ドルに到達せず、頓挫してしまったようです。目標金額を10万ドルに設定した今回の「PhoneDrone Ethos」は、11月24日時点で29万950ドルまで到達。支援は12月1日まで受け付けており、2016年9月に予定される製品出荷まで無事にこぎつけそうです。

「PhoneDrone Ethos」の紹介動画

※画像はKickstarterの「PhoneDrone Ethos」ページから