Googleが、最新Android OS「マシュマロ」で使える検索機能「Now on Tap」の日本語での提供を開始した。ワンタップで知りたいことを見つけることができる、Google検索の新しい機能だ。

Now on Tapでは、「ナレッジグラフ」や「自然言語の理解」、「App Indexing」という、Google 検索がこれまでに培ってきた様々な技術を組み合わせ、ユーザーがニュースを読んでいるのか、それとも、友だちと待ち合わせの時間を決めているのかなどの場面ごとに変わるニーズに対応、適切な候補を表示できる。


Google検索のマシュマロ新機能「Now on Tap」日本語でも開始―ホームボタン長押しで知りたいことがすぐわかる
適切な候補を表示

スマートフォンで記事を読んでいて、記事中の地名が一体どこなのか気になったときなど、これまでは地名部分をコピーして、検索アプリを立ち上げて、検索する、一連の作業が必要だった。Now on Tapは、その記事画面のまま、ホームボタンを長押しすると、自動的に画面を解析し、次にしたいこと、たとえば、地名を検索したり、マップで場所を確認したりをサポートするカードを表示する。

これはウェブページに限らない。どんなアプリを使っているときでも、ホームボタンを長押しするとNow on Tapを起動できる。待ち合わせ場所や時間をLINEで相談しているような時も、Now on Tapで、会話の中から自動的に待ち合わせの時間と場所をGoogleカレンダーに入力したり、食べログでお店のレビューを確認したり、ワンタップでお店に電話できるアイコンを表示できる。