水と衝撃、落下に強いタフな「ドコモ スマートフォン Galaxy Active neo SC-01H」が11月12日、プレミアムコンパクトモデル「ドコモ スマートフォン Xperia Z5 Compact SO-02H」が11月13日に、NTTドコモから発売になる。

冬山でも海辺でも浴室でもOKの丸洗いできるGalaxyなど、ドコモから発売
Galaxy Active neo SC-01H(左)とXperia Z5 Compact SO-02H(右)

Galaxy Active neo SC-01Hは、耐衝撃性の強化ガラス「Corning Gorilla Glass 4」を搭載。日常生活での落下シーンを想定した、メーカー独自の落下耐久試験をクリアしており、米国国防総省の軍用規格(MIL-STD-810G)21項目準拠に加え、メーカー独自試験4項目、計25項目に準拠する。防水・防塵で、キャップレス防水も対応するので、汚れたら水道水で洗い流すことができる。温度耐久性も高く、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツや夏の海辺でも使える。撥水コーティングも施されており、浴室でも使える。


搭載するカメラには、撮影場所の温度や湿度、天気情報を確認できるタグ付け撮影モード、暗い場所や高速の被写体でも撮影できるスポーツモードなどの機能がある。

Xperia Z5 Compact SO-02Hは、4.6インチの液晶画面で親指も届きやすく、片手で操作できるコンパクトモデル。最新の64ビットオクタコアCPUで、安定したパフォーマンスがある。また、カメラ機能にも優れ、世界最速0.03秒のオートフォーカスで、シャッターチャンスを逃すことがない。メインカメラは約510万画素。

デザインも一新され、本体を手にした時に、指紋センサーを搭載したサイドの電源キーで、自然な動作でロック解除できる。防水・防塵にも対応、浴室やキッチンなどの水回りで、濡れた手で画面を操作できる。