10月30日から、西武鉄道ターミナル駅など7駅で、西武鉄道とNTTBPによる訪日外国人向けの無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「SEIBU FREE Wi-Fi」が開始になる。今回の導入駅を含め、今年度中に23駅での導入を予定している。

西武線で無料Wi-Fiサービス、今年度中に計23駅
「SEIBU FREE Wi-Fi」ロゴ

提供エリア内で、スマートフォンなどの通信端末を利用し、6言語(英語・中国語〔繁体字・簡体字〕・タイ語・韓国語・日本語)に対応したトップページから、メールアドレスを登録するだけで、インターネットに接続できる。


サービス開始に合わせて、NTTBPの、訪日外国人向け無料Wi-Fiエリア検索・接続アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に参画、これにより、アプリで一度利用登録したユーザーは、SEIBU FREE Wi-Fiの提供エリアに加え、同社が無料Wi-Fiを提供するその他のエリアでも、簡単に利用できるようになる。

また、西武鉄道では、池袋駅1階に西武鉄道として初となる訪日外国人向け観光案内所「SEIBU Tourist Information Center Ikebukuro」を開設した。