Appleから、「3D Touch」を搭載した「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」が発表された。

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」は「3D Touch」搭載でより直感的に操作
「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」

この「3D Touch」は、iPhoneのMulti-Touch(マルチタッチ)インターフェイスに新しい広がりを追加するもの。押す力を感知することで、直観的に機能にアクセスしたり、コンテンツを操作できるようになる。


「3D Touch」の紹介ビデオ

新しいジェスチャー「Peek」と「Pop」は、押す力の感知により可能になった機能で、そのままで、コンテンツを深く読みに行ったり元の状態に戻ったりできる。写真、メール、ウェブページ、その他のコンテンツを軽く押すとPeekが起動し、さらに強く押し込むとPopが実行されてコンテンツそのものに入り込む。クイックアクションを使うと、3D Touchはよく使う操作へのショートカットに利用できるので、メッセージの送信や自撮り写真撮影などは、ホーム画面で軽く押すだけで操作できるようになる。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusはまた「Live Photos」という新機能を搭載し、単なるスナップ写真以上の瞬間の動きを捉えられるようになった。12メガピクセル解像度の写真で、軽く押すと、そのショットの前後の瞬間を表示できる。

「Live Photos」の紹介ビデオ

iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、耐久性のあるガラスで作られた「Retina HD」ディスプレイと、航空宇宙産業用に使われているのと同じ合金である7000シリーズアルミニウムで作られており、今回、ゴールド、シルバー、スペースグレイに新色のローズゴールドが追加された。そのほか、現在市場にあるスマートフォンでは最も多い最大23のLTEバンドに対応する。