スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器向けサイバーセキュリティ対策ソリューションとして世界初の、「モバイルIDS」(Intrusion Detection System:侵入検知システム)が、日本通信から発表された。9月18日から販売が開始される。

日本通信、VAIO Phoneモバイルセキュリティを個人ユーザーには無償で
「モバイルIDS」

この「モバイルIDS」は、VAIO Phoneに搭載される。価格は100シート(台)の場合、月額24万円(税別)。また、「モバイルIDS」を試験運用している法人顧客の協力を得て、すでに防御機能を備えた「モバイルIDPS」(Intrusion Detection and Protection System: 侵入検知防御システム)の販売も同時に開始する。


VAIO Phoneユーザーコミュニティ開発プログラムもあり、個人のVAIO Phoneユーザーには、「モバイルIDS」と「モバイルIDPS」が、9月18日から無償で配布される。