2014年11月にリリースされたファッション人工知能アプリ「SENSY」iOS版に続き、Android版の配布が、Google Playで開始された。

利用料は無料。また、SENSYにPaul StuartやEPOCA、LOVELESSなどの人気ブランドも追加された。7月現在、SENSYが提案できるアイテム数は43万件を超え、アイテムの幅が広がった。


秋前には、SENSYはコーディネートできる人工知能アプリとして生まれ変わる予定。提携ブランドのアイテムの中から、ユーザーのセンスに合わせたコーディネートをつくりだすことができるようになる。

SENSYは、ユーザーの「好き」と「好みではない」を分類、ユーザーの「感性」を学習していく人工知能。2014年11月、人工知能SENSYを搭載した、ファッションセンス学習人工知能AIロボットアプリ「SENSY」として、リリースされた。

ファッション人工知能アプリ「SENSY」にAndroid版も―Paul StuartやEPOCAなど人気ブランドも追加
「好き?」か「嫌い?」であなたのセンスを学習

ユーザーの、表示される提携ブランド服に対する「好み」を分類することで、人工知能がユーザーのファッションセンス「感性」を学習し、まるで専属のスタイリストのように、世界中のECサイトから好みの商品を提案してくれる。

ユーザーの感性の移り変わりや、ファッションのトレンドも自ら学習し進化する。また、モデルやタレント、スタイリストの人工知能も公開されており、その「感性」に沿って商品を選ぶこともできる。