個人間でモノを売買できるサービス「DNP CtoC取引サービス KURURi(クルリ)」が開始された。専用のスマートフォン向けアプリを使用したもので、DNPが第三者として個人間の取引を仲介する。アプリのi-OS版はすでに配信が開始されたが、Android版は10月に配信される予定。

「DNP CtoC取引サービス KURURi」は、売り手と買い手のコミュニケーションを活性化して、時間をかけず最適に個人間取引ニーズをマッチングし、安全に取引できる仕組みにするもの。


またKURURiは、スポーツやアウトドアを中心に、友達やファミリーと趣味を愉しむ大人をターゲットとしたフリーマーケット型アプリ。ユーザーはこのアプリをスマホにダウンロード(無料)してサービスを利用する。

ユーザー(買い手)が「こんなモノが欲しい」「新しい趣味のために何から揃えればいいだろう」といったニーズを“リクエスト”としてアプリ上で投稿する。売り手はその“リクエスト”を参照し、自分が売りたいモノの写真や紹介文などを付けて“アピール”として投稿する。

個人間でモノを売買できるアプリ、趣味の大人向けに
アピール受付中

対価については、DNPが、提携する決済代行会社を介して、買い手から代金を一時的に預かり、買い手が届けられたモノを確認して受け入れた場合に、売り手に支払われる。エスクローサービスとしてDNPが個人間の取引を仲介するのだ。売買成立時に、DNPは売価の10%を手数料として売り手から受領する。