突発的に局地的な被害を出す「ゲリラ雷雨」の事前対策に役立つ、7〜9月の「ゲリラ雷雨傾向」が、ウェザーニューズから発表された。

発表によると、今年はエルニーニョ現象の影響で太平洋高気圧の勢力が弱く、湿った空気や上空の寒気の影響を受けやすいので、全国の「ゲリラ雷雨」発生回数は昨年の1.4倍に増加すると予想される。


エルニーニョ現象でゲリラ雷雨は増加、ウェザーニューズが2015年夏の「ゲリラ雷雨傾向」を発表
2015年ゲリラ雷雨予想発生回数

特に関東から近畿にかけて、「ゲリラ雷雨」が多く発生するそうだ。最も予想発生回数が多い関東甲信では昨年の約2倍、雷雨のピークとなる8月には昨年の約3倍の「ゲリラ雷雨」が発生する恐れがある。

なお、ゲリラ雷雨の最新情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」から閲覧できる。