「Light」は、名刺サイズの携帯電話。機能は限定されていますが、財布に入れて持ち歩けるという大きなメリットを持っています。

携帯電話はお財布に入れて―名刺サイズの「Light」
財布に入れて持ち歩ける携帯電話「Light」

スマートフォンのおかげで、利用者は友だちや仕事と常に繋がっていられるようになりました。でも、スマートフォンが手元にないときや利用できないとき、その繋がりは簡単に失われてしまいます。例えば、スマートフォンを部屋に置き忘れてしまったときや、バッテリーが切れてしまったときなどです。


「Light」はそんなときのバックアップとして利用可能な携帯電話。機能は通話に絞られていますが、スマートフォンが使えないときの緊急連絡用デバイスとしては十分に使用できます。スタンバイ状態であれば、一回の充電で最大20日間利用可能というのが最大のメリット。いざというときにバッテリー切れ、ということは少ないでしょう。サイズは高さ85.6×幅53.98×厚さ4mm で、重さは38.5g。財布に入れて、忘れていられる大きさです。

サイズは高さ85.6×幅53.98×厚さ4mmで、重さは38.5g
サイズは高さ85.6×幅53.98×厚さ4mmで、重さは38.5g

財布に入れて、忘れていられる大きさ
財布に入れて、忘れていられる大きさ

スマートフォン宛てにかかってきた電話を「Light」に転送することも可能。SNS やニュースアプリなどのアラートに煩わせられたくない気分のときには、「Light」だけを持って外出するのもありでしょう。本当に連絡を取りたい人は、メールや SNS に返信がないとき、電話をかけてきてくれるからです。

スマートフォン宛てにかかってきた電話を転送する機能も装備
スマートフォン宛てにかかってきた電話を転送する機能も装備

その他、「Light」には10件までの電話番号の登録機能や、時計機能などが備えられています。

「Light」にはもう一つのメリットが。それはスマートフォンのように、毎年買い換える必要はないということです。最新の機能が搭載されているわけではないので、1年や2年で古びることはありません。

あのスマートフォンとは違うってことです
あのスマートフォンとは違うってことです

通信回線としては GSM(いわゆる 2G 回線)を使用。このため、残念ながら日本では使用できません。ぜひ、日本のメーカーさんにも、日本で利用可能で、かつシンプルで美しいデザインの製品を出して欲しいものです。

シンプルで美しいもの、日本人は好きなはずです
シンプルで美しいもの、日本人は好きなはずです

「Light」を開発する Light は、市販化に向けて5月13日から kickstarter で出資者募集のキャンペーンを開始。6月27日の終了を前に、すでに目標を上回る金額の調達に成功し、2016年6月の出荷開始を決めています。