無料のモバイルデータ圧縮アプリ「Opera Max」の新バージョンが公開された。携帯端末にインストールされているすべてのアプリが使用するデータを圧縮するものだが、新たに、Wi-Fi  接続時にもデータを圧縮できるようになった。

現在80%のデータが Wi-Fi 接続時に消費されているというが、新しい Opera Max は Wi-Fi 接続時のタイムラインを表示し、Wi-Fi でのデータ圧縮を支援してくれる。


Wi-Fi データも節約、無料データ圧縮 Android アプリの Opera Max 新バージョン
「Opera Max」

アプリが Wi-Fi 接続時にどれだけデータを使用しているか追跡できるので、モバイルネットワーク接続時だけでなく、すべてのアプリのデータ使用量の圧縮を管理できるようになった。

また、新バージョンの Opera Max では、モバイル接続時のデータと Wi-Fi 接続時のデータをそれぞれ独立して圧縮できる。それぞれのタイムライン表示画面に圧縮をオン/オフする切り替えボタンが設けられ、状況に応じてモバイルではオン、Wi-Fi ではオフ、などができる。

さらに、アプリのデータ消費状況を正確に管理できるようになった。Opera Max がブロックしたアプリ画面から、モバイル接続時、Wi-Fi 接続時の両方で、動作をコントロールできる。

アプリのブロック
アプリのブロック