スマートフォンの通信機能を、そばにあるタブレットやゲーム機などが共有して、外出先でも家にいるかのようにインターネットを利用できる「テザリング」。KDDI(au)はこれまで月額500円(税別)かかっていた料金を、条件付きでゼロにすると発表した。

au、便利な「テザリング」が無料に--スマホの通信機能をタブレットやゲーム機とシェア
テザリングの仕組み(出典:KDDI)

この機能を使うためには、もともとスマートフォンを契約する際に、有料の「テザリングオプション」に加入する必要があった。今後は指定のデータ定額サービスまたは料金プランを申し込む際は無料になる。


具体的なプラン、サービス名は「データ定額2/3/5/8/10/13」「シニアプラン」「ジュニアスマートフォンプラン」「ダブル定額(VK)」「LTE ダブル定額」。

ただし従来はテザリングオプションに加入すると、毎月の通信速度制限を受けず利用できる通信量が 500MB 増える「データ増量特典」があったが、それは使えなくなる。

とはいえ、そもそもテザリングオプションの料金はキャンペーンなどで最大2年間無料になる場合が多く、ほとんどの人は意識せずに使っているはず。今回の変更ですごく便利になる訳ではなさそうだが、2年ごとに乗り換えや機種変更をするのがしんどいという人には悪くない話なのかもしれない。