ソフトバンクモバイルのスマートフォンに、2015年夏モデル4機種が登場した。丸みを帯びたディスプレイが特徴の「Galaxy S6 edge」などで、いずれもほかの携帯電話会社に乗り換えても使える「SIM ロック解除」に対応する。

ソフトバンクのスマホに夏モデル4機種 -- 他社に乗り換えても使える「SIM ロック解除」対応
ソフトバンクのスマートフォン夏モデル4機種、いずれも SIM ロック解除対応だ

従来のスマートフォンは、ほかの携帯電話会社に乗り換えても使えないよう「SIM ロック」という措置をかけてあるのが一般的。ロックは解除できない機種が多かった。しかし最近は国の方針で、携帯電話会社は SIM ロック解除を義務付けられるようになった。


ソフトバンクの夏モデルはいずれも SIM ロック解除に対応している。ただし、製品の購入日から180日経過しているか、解約してから90日以内であるか、いずれかの条件を満たす必要がある。また受け付け手数料は店頭だと3,000円(税別)、インターネットの「My Softbank」サービスから申し込むと無料。

夏モデルにはどのような機種があるかというと、韓国サムスン電子製「Galaxy S6 edge」、ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z4」、シャープ製「AQUOS Xx」「AQUOS CRYSTAL2」だ。

このうち、Galaxy S6 edge は曲面ディスプレイを採用した丸みを帯びたデザインが特徴の機種で、従来は NTT ドコモや KDDI(au)が取り扱っていた「Galaxy」シリーズを、ソフトバンクでも販売するもの。鮮明な有機 EL ディスプレイや、バッテリーの持ちのよさも特徴としてうたっている。すでに他社からは発売になっていることもあってか、夏モデルの中では最も早く、5月29日から買えるようになる。

Galaxy S6 edge
Galaxy S6 edge

Xperia Z4 はカメラが特徴。背面が2,070万画素、前面が510万画素とどちらも高性能で、どちらにもオートフォーカスや手ブレ補正が付いている。きれいに自分撮り(セルフィー)などができそう。6月中旬以降に発売予定だ。

Xperia Z4
Xperia Z4

AQUOS Xx は大きく鮮明な液晶ディスプレイを備える。5.7型フル HD 解像度で、非常に狭いメタルフレームで周囲をかこっている。狭額縁のデザインは 5.1型の AQUOS CRYSTAL2 ではさらに顕著になり、ほとんどディスプレイのふちが見えない「フレームレス」と呼ぶデザインになっている。AQUOS Xx は6月下旬以降、AQUOS CRYSTAL2 は7月中旬以降に発売予定。

AQUOS Xx
AQUOS Xx 

AQUOS CRYSTAL2
AQUOS CRYSTAL2