米国コールド スプリング ハーバー研究所の DNA 学習センターが製作、提供する、脳の立体構造・機能学習スマートフォンアプリ「3D Brain」の日本語訳の配信が、NTT データ経営研究所から開始された。

脳を立体表示する無償アプリ「3D Brain」、日本語版も配信
「3D Brain」全体脳のイメージ

3D Brain は、人間の脳を29の構造部位に分類し、立体的に表示するアプリ。タッチパネルで回転、ズームしながら、複雑な脳の構造と機能が視覚的に学習できる。また、各脳部位に関連する機能や精神疾患など、最新の研究成果に基づくポイント解説や文献へのリンクが表示できる。


無料のクラシック版は iOS、Android、Windows に対応する。iOS 対応版には、オプションで有料の HQ 版もある。日本語の翻訳(無償)が付いた iOS 対応のクラシック版、および HQ 版の配信も開始された。

Android および Windows 対応アプリについても、日本語翻訳を付けたバージョンが今後配信される予定。