スペインのバルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2015」で、今年ソニーモバイルが導入を予定しているタブレット「Xperia Z4 Tablet」(エクスペリア ゼットフォー タブレット)と、スマートフォン「Xperia M4 Aqua」(エクスぺリア エムフォー アクア)、アクセサリ商品などが発表された。

64ビット Snapdragon 搭載のエクスぺリア タブレットとスマートフォン、ソニーモバイルがバルセロナで発表
タブレット Xperia Z4 Tablet

Xperia Z4 Tablet は、高輝度でフル HD の2倍の解像度を持つ約10.1インチ 2K ディスプレイ(2,560×1,600画素)や、Qualcomm 製オクタコア64ビットプロセッサ「Snapdragon 810」を搭載する、フラッグシップタブレット。約17時間、連続で動画を再生できる長時間のバッテリ性能があり、薄型(6.1mm)で軽量(Wi-Fi モデル約389g・LTE モデル約393g)。


6月以降、日本を含めた各市場での発売が予定されている。

スマートフォン Xperia M4 Aqua
スマートフォン Xperia M4 Aqua

Xperia M4 Aqua は、防水性能に優れた、中級価格帯のスマートフォン。約1,300万画素の積層型 CMOS イメージセンサー「Exmor RS for mobile」と F2.0 の明るいレンズを採用したカメラ、長時間バッテリなどを搭載している。Qualcomm 製オクタコア64ビットプロセッサ「Snapdragon 615」を搭載、長時間バッテリ性能で約2日間使用できる。

2015年春から、世界80か国でおよそ299ユーロの価格で発売される予定。

そのほか、スマートフォンとワイヤレス接続して使用する、Smart Bluetooth スピーカー「BSP60」、ステレオ Bluetooth ヘッドセット「SBH70」などのアクセサリ商品が発表された。