山善は、NFC と Bluetooth の両技術に対応し、各種スマートフォンとの接続が容易な車載用ワイヤレス スピーカー「Qriom ブルートゥーススピーカー YCS-100」を3月1日に発売する。円筒形をしていて、車内のカップホルダーに置いて音楽が楽しめそうだ。運転中に便利なハンズフリー通話機能も備えている。価格はオープン。

カップホルダーにピッタリ!NFC/Bluetooth 車載ワイヤレス スピーカー「Qriom YCS-100」
カップホルダーに置いておいたら、間違えて飲んじゃいそう

Qriom ブルートゥーススピーカー YCS-100 は、スマートフォンと Bluetooth 無線接続して、ケーブルをつなぐことなく音楽が楽しめるスピーカー。NFC 対応なので、スマートフォンをかざすだけで接続できる。スマートフォンを操作することなく、スピーカー側のスイッチで再生/停止/頭出しなどが行える。さらに、ハンズフリー通話に対応しており、着信時にスピーカー上部の「通話ボタン」を押せば相手と話せる。


上部のコントロールパネル、ハンズフリー通話も可能
上部のコントロールパネル、ハンズフリー通話も可能

再生を行う内部ユニットに大型バス ラジエターを2つ搭載し、ここから発生した重低音を低音用ダクトから放出する。そのため、コンパクト ボディとは思えない「驚異の重低音」が出るとしている。3.5mm ステレオ ミニジャックを備え、Bluetooth 非対応のスマートフォンや携帯用メディア プレーヤーを接続することも可能。USB 充電機能もあり、スマートフォンのバッテリを気にすることなく、充電しながら音楽が楽しめる。

電源は、付属の「カー電源用接続ケーブル」を使ってシガーソケットからとる。AC アダプタも付属しているので、車内だけでなく部屋の中などでもワイヤレス スピーカーとして使える。

おおよそのサイズは幅80×奥行き80×高さ 185mm、重さは約458g。ボディカラーは「ミッドナイトブルー(MB)」「ホワイト(W)」の2色。