モバイルブロードバンドの UQ コミュニケーションズは、WiMAX 2+の基地局建設を全国各地で進めているが、2月18日に WiMAX 2+の屋外基地局数が累計で2万局に達したそうだ。

UQ の WiMAX 2+屋外基地局が2万局に、九州大学でも WiMAX 2+とキャンパスネットワークを直結
WiMAX 2+屋外基地局が2万局に

UQ は、キャリアアグリゲーション技術(CA)や「4×4 MIMO」(フォーバイフォーマイモ)技術により、WiMAX 2+の下り最大速度を 220Mbps に高速化する「ヤ倍速」と、2月20日から開始する使い放題で月額4,380円(税別)の「ギガ放題」で、ユーザーの大幅な増加を狙っている。3月末までに、WiMAX 2+エリアを WiMAX とほぼ同等のエリアに拡大し、全国で 220Mbps サービスを利用できるようにする計画だ。


MIMO は Multiple Input Multiple Output の略。WiMAX 2+通信時、データの送信側(基地局)と受信側(ルータ)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、複数のデータを同時に送受信し、下り最大 220Mbps の超高速で通信できる技術。

また、福岡市にある九州大学情報統括本部では、WiMAX に加え、新たに WiMAX 2+で九州大学のキャンパスネットワーク「KITE」(Kyushu University Integrated information Transmission Environment)にダイレクトに接続できる環境を構築、2月20日から運用を開始する。