東芝が、スマートフォンなどモバイル機器向けの10ワット級ワイヤレス給電用システムとして、受電用 IC「TC7765WBG」と送電用 IC「TB6865AFG Enhanced Version」を開発した。1月下旬からサンプル出荷を開始し、量産開始は6月の予定。

受電用 IC の TC7765WBG では、出力電圧を従来の 5V/1A から 7V〜12V/1A に高くすることで、電力量を拡張した。送電用 IC の TB6865AFG Enhanced Version では、周辺回路構成を見直し、ソフトウェアを新たに開発して10ワット級システムを実現した。
 
また、受電用 IC の TC7765WBG は、給電制御プロトコル認証処理をロジック化した回路を内蔵し、ユーザーがソフトウェアを開発する必要がなくなった。送電用 IC の TB6865AFG Enhanced Version も、給電動作に必要なソフトウェアに対応しており、10ワット級システムに簡単に組み込むことができるそうだ。


スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器、モバイルアクセサリー向け。

東芝、スマートフォンなど向け10ワット級の高速充電ができるワイヤレス給電システムを開発
送受電システムの組み合わせ例