日本通信は、京都市のホテル「ハイアット リージェンシー 京都」で、短期滞在の外国人旅行者向けに、音声通話/SMS とインターネットの両方が使えるプリペイド SIM「PAYG SIM」(ペイジー・シム)の販売を開始した。

日本通信、外国人旅行者向けプリペイド SIM をハイアット リージェンシー 京都で販売
「PAYG SIM」パッケージ

ホテルの滞在中に PAYG SIM を購入、パスポートによる本人確認書類を提示するとすぐに、自分のスマートフォンで音声通話やインターネットを利用できるようになる。


PAYG SIM の有効期間は7日間。音声通話は国内・国際を問わず60分、データ通信は 3GB まで使用できる。これでパッケージ料金は9,980円(税込)。プリペイドなので、追加料金も解約金も発生しない。ユーザーは日本滞在中も、使い慣れた自分のスマートフォンを利用できる。

外国人旅行者向けのプリペイド SIM には、ほかに、NTT コミュニケーションズ(NTT Com)の「Prepaid SIM for JAPAN」(旧 OCN mobile ONE Prepaid SIM for VISITOR)があるが、データ通信のみだ。ちなみに、既存の14日間(100MB/日)コースに、アジアや近隣諸国などからの短期滞在者を考慮して、最近7日間(100MB/日)コースも追加している。こちらの価格は2,980円。音声通信がない分安い。