NTT ドコモは、「2014−2015冬春モデル」の新型スマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」(韓国 Samsung Electronics 製)のボディ カラー「Frost White」モデルを11月13日に発売する。すでに9月30日より購入予約を受付けている。「Charcoal Black」モデルは10月23日に発売済み。KDDI(au)も同端末を「GALAXY Note Edge SCL24」という名称で販売している。

ドコモ、側面曲面画面スマホ「GALAXY Note Edge SC-01G」の「Frost White」モデルを11月13日発売
GALAXY Note Edge SC-01G(Frost White)

GALAXY Note Edge SC-01G のキャッチコピーは「スマホの新しいカタチ。曲面有機 EL ディスプレイでプレミアムな使い方を」。最大の特徴は、画面の右端側面が湾曲して表示領域が160ピクセル増えた「エッジスクリーン」。エッジスクリーンはメイン画面と独立しており、湾曲した部分をスワイプしてさまざまな操作が行える。この部分に着信通知、受信通知などの情報が表示されるほか、カメラやメディアプレーヤなどの操作ボタンが配置される。そのため、メイン画面が操作ボタンに覆われないうえ、カバーを閉じたままでも通知確認や各種操作が行える。


ランチャ兼通知領域として便利なエッジスクリーン
ランチャ兼通知領域として便利なエッジスクリーン

画面は5.6インチ(2,560×(1,440+160)ピクセル表示)有機 EL で、1,600万画素のメインカメラと370万画素のサブカメラを搭載する。防水性/防塵性は備えていない。RAM サイズは 3GB、ストレージ用メモリ サイズは 32GB。バッテリ容量は 3,000mAh。プロセッサは、動作周波数 2.7GHz のクアッド コア品。Android OS のバージョンは4.4。

LTE 通信サービス「Xi(下り最大 150Mbps/上り最大 50Mbps)と LTE 上の音声通話サービス「VoLTE」に対応。無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac)/Bluetooth(Ver.4.1)による通信が可能。Wi-Fi と LTE を組み合わせた高速ダウンロードも行える。テザリングは Wi-Fi(最大10台)と Bluetooth(同3台)、USB(同1台)に対応。ワンセグ/フルセグ/ハイレゾオーディオ/おサイフケータイ/NFC/NOTTV に対応。赤外線通信には対応しない。

おおよそのサイズは高さ151×幅82×厚さ 8.5mm、重さは約 177g。本体カラーは「Charcoal Black」「Frost White」の2種類。

GALAXY Note Edge SC-01G(Charcoal Black)
GALAXY Note Edge SC-01G(Charcoal Black)