楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズは、料金が「業界最安値」というモバイル通話/通信サービス「楽天モバイル」を開始した。NTT ドコモの LTE ネットワークを利用する MVNO サービスであり、月額料金は通信速度が下り最大 200kbps のプランだと1,250円(税別、以下同じ)、150Mbps のプランだと1,600円から。音声通話対応の格安SIMカードを単体販売するほか、SIM ロックフリー端末と SIM カードのセット販売も行う。

楽天が MVNO「楽天モバイル」開始、ドコモ網の下り 150Mbps が月額1,600円から
「業界最安値」という楽天モバイル
(出典:フュージョン)

楽天モバイルのプランは、データ通信の利用可能容量などが異なる4種類。概要や料金は以下の通り。初期費用はいずれも3,000円。


【ベーシック】
・月額料金:1,250円
・最大通信速度:200kbps
・高速(150Mbps)通信容量:なし(容量追加パックを購入すれば利用可能)
・規制対象となるデータ量:対象外

【2.1GBパック】
・月額料金:1,600円
・最大通信速度:下り 150Mbps/上り 50Mbps(通信規制後は 200kbps)
・高速(150Mbps)通信容量:2.1GB
・規制対象となるデータ量:360MB(3日間)

【4GBパック】
・月額料金:2,150円
・最大通信速度:下り 150Mbps/上り 50Mbps(通信規制後は 200kbps)
・高速(150Mbps)通信容量:4GB
・規制対象となるデータ量:400MB(3日間)

【7GBパック】
・月額料金:2,960円
・最大通信速度:下り 150Mbps/上り 50Mbps(通信規制後は 200kbps)
・高速(150Mbps)通信容量:7GB
・規制対象となるデータ量:1.2GB(3日間)

SIM カードの枚数は1枚。MNP 対応なので、他キャリアからの乗り換えでも同じ電話番号を使い続けられる。契約期間は1年間で、12か月に満たない状態で解約すると解約料が課せられる。

楽天モバイルの SIM を購入すれば手持ちのスマートフォンを使ってサービスを利用できるが、フュージョンは楽天モバイル対応 SIM ロックフリー スマートフォン「ZenFone 5」(ASUS JAPAN 製)の販売も行う。販売価格は2万6,400円(税別)。

画面:5インチ(1,280×720ピクセル表示)
カメラ:背面800万画素、正面200万画素
メモリ:8GB(ストレージ)、2GB(RAM)
プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 400 (動作周波数1.2GHz、クアッドコア)
バッテリ容量:2,110mAh
OS:Android 4.4.2
サイズ:幅148.2×奥行き72.8×高さ 10.34mm
重さ:約 145g

ZenFone 5 (出典:フュージョン)
ZenFone 5
(出典:フュージョン)

なお、フュージョンと楽天は比較的安価に音声通話できるサービスとして、楽天が買収した通話アプリケーション「Viber」と、フュージョンが2013年12月に提供開始した回線交換通話サービス「楽天でんわ」を紹介した。フュージョンは、スマートフォン向け IP 電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」も手がけている。

Viber や楽天でんわを利用することも可能 (出典:フュージョン)
Viber や楽天でんわを利用することも可能
(出典:フュージョン)