NTT ドコモは、「2014−2015冬春モデル」の新型スマートフォン「Xperia Z3 SO-01G」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)と、「GALAXY Note Edge SC-01G」(韓国 Samsung Electronics 製)のボディ カラー「Charcoal Black」モデルを、それぞれ10月23日に発売する。いずれも、すでに9月30日より購入予約を受付けている。

【Xperia Z3 SO-01G】


キャッチコピーは「あらゆる瞬間を美しく。エンターテインメントを究めたフラッグシップモデル」。カメラ部分を作り込んでいるそうだ。なお、KDDI(au)も「Xperia Z3 SOL26」として、ソフトバンクモバイルも「Xperia Z3」として取り扱う予定だ。

5.2型 FHD(1,080×1,920ドット)ディスプレイを搭載し、カメラは背面約2,070万画素、前面約220万画素。背面カメラは ISO12800 と高感度で、暗闇での撮影に向く。CPU はクアッドコアの Qualcomm MSM8974AC(2.5GHz)、メモリ容量は 3GB、ストレージ容量は 32GB。バッテリ容量は 3,100mAh。OS は Android 4.4。

LTE 通信サービス「Xi」(下り最大 150Mbps/上り最大 50Mbps)と LTE 上の音声通話サービス「VoLTE」に対応。無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac)/Bluetooth(Ver.4.0)による通信が可能。テザリングは Wi-Fi(最大10台)と Bluetooth(同5台)、USB に対応。NOTTV/ワンセグ/フルセグ/おサイフケータイ/NFC 対応で、防水/防塵(ぼうじん)性能もある。赤外線通信には非対応。またサンプリング周波数 96kHz、量子化ビット数 24bit 以上の楽曲を再生できる「ハイレゾオーディオ」に対応する。

おおよそのサイズは高さ146×幅72×厚さ 7.3mm、重さは約 152g。本体カラーは「White」「Black」「Copper」「Silver Green」の4種類。

ドコモ、ソニモバ旗艦モデル「Xperia Z3 SO-01G」とサムスン曲面スマホ「GALAXY Note Edge SC-01G」を10月23日に発売
Xperia Z3 SO-01G

【GALAXY Note Edge SC-01G】

キャッチフレーズは「スマホの新しいカタチ。曲面有機 EL ディスプレイでプレミアムな使い方を」。本体側面までを覆う曲面ディスプレイが特徴。すでに KDDI も「GALAXY Note Edge SCL24」という名称で販売を表明している。

5.6型 Quad HD+("1,440+160"×2,560ドット)ディスプレイを搭載し、カメラは背面が約1,600万画素、前面が約370万画素で自分撮り(selfie)向き。CPU はクアッドコアの Qualcomm APQ8084(2.7GHz)、メモリ容量は 3GB、ストレージ容量は 32GB。バッテリ容量は 3,000mAh。OS は Android 4.4。

Xi(下り最大 150Mbps/上り最大 50Mbps)と VoLTE に対応。700MHz 帯も利用できる。Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth(Ver.4.1)による通信が可能。Wi-Fi と LTE を組み合わせた高速ダウンロードも行える。NOTTV/ワンセグ/フルセグ/おサイフケータイ/NFC に対応している。防水、赤外線通信には非対応。またサンプリング周波数 96kHz、量子化ビット数 24bit 以上の楽曲を再生できる「ハイレゾオーディオ」(ドコモ)に対応する。

おおよそのサイズは高さ151×幅82×厚さ 8.5mm、重さは約 177g。本体カラーは「Charcoal Black」「Frost White」の2種類。Frost White モデルの発売時期は11月中旬の予定。

GALAXY Note Edge SC-01G
GALAXY Note Edge SC-01G