楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズは、スマートフォンから使える割安通話サービス「楽天でんわ」の特別プランとして「3分0円プラン」を開始した。基本料0円で3分までの国内通話が何度でも0円となるプラン。新規に申し込んだ先着5万人のユーザーが2015年1月10日まで期間限定で利用できる。

イメージ
楽天でんわ

楽天でんわは、Web サイトから登録手続きをしてから、専用のスマートフォン向けアプリケーションを立ち上げ、連絡をとりたい相手に発信するだけで、国内通話の通話料が30秒あたり10円(税別、以下同じ)になる。また基本料は無料。


フュージョンの電話回線を経由して音声を届ける回線交換(CS)方式を採用しており、パケット通信方式のIP 通話アプリより、安定、高品質の通話が可能だとしている。また着信先に自分の携帯電話番号をそのまま通知できるのも利点。

今回の「3分0円プラン」は、キャンペーン色の強い内容で、3分以内の通話であれば無料。一方で30秒を超すと30秒あたり20円の通話料がかかる。短い連絡をひんぱんにとる人であれば、有利に使える。

ところで NTT ドコモを筆頭に携帯電話キャリア各社は固定、携帯電話いずれにかけても追加料金の発生しない「通話定額」を軸にした新料金プランを展開中。そうしたプランのユーザーにとって、楽天でんわはもはや意味のないサービスだ。

しかしフュージョンでは、多くのユーザーは基本料の高くなるキャリアの新料金プランなど望んでいないと訴え、楽天でんわの拡大に向けむしろ攻勢をかけている。今回の「3分0円プラン」もその一環だ。