ソニーは、世界最軽量をうたう8型 Android タブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」の無線 LAN (Wi-Fi)モデルを、11月7日に発売する。店頭実勢はストレージ容量 32GB モデルが 5万円前後(税別、以下同じ)、16GB モデルが4万4,000円前後となる見通し。

ソニー、軽量8型タブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」Wi-Fi モデル発売--4.4万円から
Xperia Z3 Tablet Compact

重さ約 270g、厚さ 6.4mm と薄型軽量。バッテリ容量は 4,500mAh で、稼働時間は約15時間と長め。また防水、防塵性能を備え、入浴中、キッチンなど水まわりで使える。


ディスプレイは8型 WUXGA(1920×1200ドット)で、LED バックライトの工夫で赤と緑の色域(再現できる色の範囲)を広くしてあり、ゲームや映画などの表示に優れる。また対応ヘッドセットとつなぐと、CD(44.1kHz/16bit)、DAT(48kHz/16bit)を超える情報量を持つ「ハイレゾ」音源を再生できる。これに加え、据え置きゲーム機「PlayStation 4(PS4)」と連携する機能もある。

カメラは本体背面が約810万画素、前面が約220万画素となっている。

CPU はクアッドコアの Qualcomm Snapdragon 801(2.5GHz)、メモリ容量は 3GB。ストレージ容量は 16GB または 32GB のいずれか。最大 128GB の microSDXC メモリーカードを挿入できる。OS は Android 4.4。

Wi-Fi は IEEE802.11a/b/g/n/ac に準拠する。近距離無線通信規格として Bluetooth Ver.4.0 および NFC にも対応する。本体カラーは「White」「Black」の2種類だ。

なお、オプションとして、スタンド機能付きカバー「SCR28/W・B」が店頭実勢4,500円前後、スクリーンプロテクター「ET988」が同1,500円前後で発売になる。