米国 Apple は、中国でも新型スマートフォン「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の販売を10月17日に開始する。購入予約の受付は、Apple Online Store では10月10日より、取扱店舗では10月14日より行う。

取り扱いキャリアは China Mobile、China Telecom、China Unicom で、Apple CEO の Tim Cook 氏は「全3キャリアからリリースできて嬉しい」と述べた。中国におけるメーカー希望小売価格は以下の通り。


【iPhone 6】
・16GB 版:5,288元
・64GB 版:6,088元
・128GB 版:6,888元

【iPhone 6 Plus】
・16GB 版:6,088元
・64GB 版:6,888元
・128GB 版:7,788元

なお、iPhone 6/6 Plus が最初に発売されたのは9月19日で、日本や米国、オーストラリア、香港、シンガポール、英国などで販売された。1年前の「iPhone 5s」「iPhone 5c」で初日発売の対象に含まれた中国は今回スキップされ、9月26日の第二弾発売20か国にも含まれなかった。その影響か、各国の Apple Store 前の iPhone 6/6 Plus 発売を待つ行列には、中国向け転売を目的とするらしい人が多く見られ、中国圏の大手ショッピングサイトには iPhone 6/6 Plus が商品として並んだ。

Apple、中国で「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を10月17日発売、転売価格は暴落か?
中国向け通販サイトでの価格は暴落するのか?
(出典:Taobao.com)

Apple および中国のキャリアが iPhone 6/6 Plus を正式販売することで、転売価格は暴落するだろうか。