レノボ・ジャパンは、高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」に対応したタブレット「ThinkPad 10 for SoftBank」を、9月16日にソフトバンクの法人向け販売チャネルで発売する。価格はオープン。

レノボ、高速データ通信 LTE 対応「ThinkPad 10 for SoftBank」、9月16日発売
レノボ、高速データ通信 LTE 対応「ThinkPad 10 for SoftBank」、9月16日発売

「ThinkPad 10 for SoftBank」は、「ThinkPad 10」に、ソフトバンクモバイルの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」に対応したモジュールを搭載したもの。受信時最大100Mbps の高速で通信できる。


また、インテル Atom Z3795 プロセッサや、Windows 8.1 Pro Update 64bit OS 対応による 4 GB メモリを搭載、高解像度ディスプレー WUXGA(1,920 ×1,200ドット)を採用している。

さらに、契約書の署名や、絵や図などの描き込める「ThinkPad Tablet ペン」を標準搭載しているほか、指紋認証に対応している。

サイズ約256.5(幅)×177(高さ)×8.95(厚さ)。重さは約610g。バッテリ駆動時間は約10時間。