ソフトバンクモバイルは、月額370円(税別)で一部のスマートフォン向けアプリケーションが取り放題になるサービス「App Pass」を8月29日に開始する。対応機種は、OS に Android 4.1以上を搭載し、4G(LTE または AXGP)方式の通信サービスに対応したモデルとなる。

ソフトバンク、月370円のアプリ取り放題サービス「App Pass」を8月29日に開始--日米で
App Pass

アプリ取り放題サービスは、すでに KDDI(au)の「スマートパス」、NTT ドコモの「スゴ得コンテンツ」がある。ソフトバンクも映画などのコンテンツが一部取り放題になる「スマホとくするパック」を手掛けてはいるが、アプリは対象外だった。


App Pass はゲーム、エンターテインメント、ビジネスなどの人気アプリを自由にダウンロードして利用できる。

具体的にはタカラトミーエンタメディアのゲーム「人生ゲーム」、ユナイテッドのホーム画面着せ替えアプリ「アイコン壁紙取り放題★ホーム画面きせかえアプリ CocoPPa for App Pass」、ジョルテの手帳アプリ「ジョルテ for App Pass-カレンダー&システム手帳」などだ。総額4万円分のアプリが対象という。

これに加え、ゲームなどの課金に充てられる500円分のチケットが毎月受け取れる。

なお、App Pass はソフトバンクが買収した米国 Sprint と共同開発したサービスといい、日本だけでなく米国でも展開する。