ソフトバンクモバイルは、「フレームレス」をうたう狭額縁の 5.5型 Android スマートフォン「AQUOS CRYSTAL X」を2014年12月以降に発売する。LTE 回線による高品質の IP 電話サービス「VoLTE」にソフトバンクとして初めて対応する。

ソフトバンク、VoLTE 対応の超狭額縁スマホ「AQUOS CRYSTAL X」発表--12月以降に発売
「フレームレス」をうたうデデザイン

シャープ製で、 約5.5型 FHD(1,920×1,080ドット)ディスプレイを搭載する。フレームを極限まで小さくし、画面だけを持っているような感覚を実現したという。


また米国の音響機器大手 Harman の技術を採用する。音楽データを圧縮する際に失われた情報を復元する「Clari-Fi(クラリファイ)」と、音楽に広がりを持たせて臨場感を出す「LiveStage」などで、音楽プレーヤとしての性能を高めている。

OS は Android 4.4.4。CPU はクアッドコアの Qualcomm MSM8974AB(2.3GHz)。メモリ容量は 2GB、ストレージ容量は 16GB。データ容量 128GB までの microSDXC カードを挿入可能。カメラは前面が130万画素、背面が1,310万画素。

通信方式を見ると、900MHz/2.1GHz の 3G 回線と、900MHz/1.7GHz/2.1GHz の LTE 回線、それに 2.5GHz の AXGP 回線を利用できる。VoLTE に対応するほか、高品質通話のための「HD Voice」技術を採用する。

ワンセグ、おサイフケータイ(NFC/FeliCa)、さらに本体を手に持つとすぐ着信や時刻を確認できる「グリップマジック」機能も備える。なお、国産機ながら赤外線通信や防水/防塵、フルセグなどには非対応だ。重さやバッテリ稼働時間は未定。

イメージ
カラーは「レッド」「ホワイト」「ブラック」の3種類