ワシントン大学のエンジニアは、周りにある高周波の信号を電力源として利用することで、腕時計や温度計などの低電力デバイスでもインターネットに接続することに成功した。「Wi-Fi backstarter」と名付けられたこの技術は、「IoT(Internet of Things)」を実現化させるうえでの新たな一歩となる。

IoT へまた一歩、低電力機器でも Wi-Fi と接続できる―ワシントン大学がプロトタイプ
IoT へまた一歩、低電力機器でも Wi-Fi と接続できる―ワシントン大学がプロトタイプ

これまで、低電力デバイスを Wi-Fi につなげるには、電力消費量が大きいことが課題であった。研究者は、今回、パソコンやスマートフォンと通信できるアンテナや電子回路を取り付け、超低電力タグのプロトタイプを開発。ルータとスマートフォン間の Wi-Fi を探知、データを暗号化し、無線信号を僅かに変更させるだけで、低電力で Wi-Fi と接続できる試作品を作成した。


実験では、2メートル程の距離で1kbps の速度を実現。将来的には、距離を20メートルにまで伸ばしたいとしている。