国土交通省は、航空機内でのスマートフォンやタブレットなどの電子機器の使用制限を、9月1日から緩和する、と発表した。

電子機器の使用は、これまで、航空法に基づく告示により、航空機内では制限されていた。


しかし、欧米では航空機内での電子機器の使用方針が変更されたことなどから、この制限を見直すことになった。

今後、電子機器が発する電波に対する耐性に応じて航空機を区分し、使用可能な電子機器と時間帯を拡大する。航空機の耐性の区分により運用が異なるので、搭乗する航空機内でどの電子機器が使用できるかは、各航空会社に問い合わせる必要がある。

また、着陸後、滑走路を離脱して誘導路に入った時から、全ての電子機器が使用できるようになる。誘導路がない空港では、着陸後、滑走が終了して駐機場に向かった時から。

国土交通省が飛行機内でのスマートフォンなどの規制を緩和
見直しの概要