レノボ・ジャパンは、10.1型 Windows タブレット「ThinkPad 10」の個人向けモデルを7月29日に直販サイトで取り扱い開始する。

レノボ、10.1型 Windows タブレット「ThinkPad 10」を個人向けに発売、重さ 590g
ThinkPad 10

すでに発売になっている法人向けモデルに続くもの。10点マルチタッチに対応した10.1型 WUXGA(1,920×1,200ドット)のディスプレイを搭載する。縦横比は16:10で、ビジネスシーンでの利用に適しているという。


CPU は Intel Atom Z3795(1.59GHz)。メモリ容量は 2GB 。ストレージ容量は 64GB だ。OS は Windows 8.1 with Bing 32bit 版。

カメラは本体前面が 200万画素、背面が 800万画素。フラッシュが使える。Windows 搭載機らしく、別売のキーボードと組み合わせてノート PC として利用することも可能。インターフェイスは USB 2.0、microSD カードスロット、Micro HDMI 出力などだ。

なお8月上旬から、CTO(注文仕様生産)モデルも直販サイトで購入可能になる見通し。