NTT ドコモ(ドコモ)は、通信機能を搭載する車両や建設機械などの M2M 機器に組み込む SIM カードとして、ドコモだけでなく海外通信事業者の電話番号も書き込める eSIM を法人客向けに提供する。

NTT ドコモが M2M 機器向け eSIM の提供開始
国ごとの製造が一元化できる

従来、世界各国に M2M 機器を販売する企業が海外通信事業者の回線を利用する場合、機器の製造時に各国の通信事業者が提供する専用の SIM カードを組み込む必要があった。


しかし、製造時に海外通信事業者の電話番号が書き込める eSIM を組み込めば、海外展開する企業は部品を共通化できるので、製造と在庫管理の効率が向上するという。また、M2M 機器を利用する国を変更する場合も、新たに利用する国の電話番号を同一の SIM で利用できるため、運用の利便性も向上するそうだ。

eSIM はカード型とチップ型の2種類を用意
カード型とチップ型の2種類を用意

同社は eSIM を、「docomo M2M プラットフォーム」を利用する法人客向けに提供する。eSIM で利用できる海外通信事業者の回線については、ユーザーの要望を聴きながら、順次海外通信事業者との間で協議していくという。なお、ドコモは業界団体である GSMA が2013年12月に公開した eSIM 仕様の策定に参画している。