紀伊國屋書店は、旧字体の漢字をはじめ多数の「外字」を正確に表示できる EPUB3 形式の電子書籍を発売した。業界初の試みという。同社の直販サイトとスマートフォン、タブレット向けアプリケーション「Kinoppy」から購入できる。

紀伊國屋書店、EPUB3 で旧漢字など「外字」を正確に表示できる電子書籍を発売
紀伊国屋書店の直販サイトなどで販売が始まった

一般の電子書籍で利用できる文字は、専用リーダやタブレットがテキストデータとして扱える範囲にとどまり、旧字体の漢字や固有名詞などに出てくる特殊な漢字や国字(漢字にならって作った各国固有の文字)、変体仮名、甲骨文字などの外字を正確に表現できないことがあった。


紀伊国屋書店によると、今回は電子書籍の標準データ形式である EPUB3 を採用しつつ、編集から出版、購読まで一環して「外字のバリアフリー化」を実現した。印刷書籍と同等の文字を電子書籍で表現できるようになり、デジタル化できる作品の範囲が大きく広がるとしている。

外字バリアフリーの第1号となる作品は「外字・異体字のバリアフリーを目指して〜漢字研究7年の軌跡」。以前から外字バリアフリー問題に取り組んでいたインデックスフォント研究会が編集、文字文化協會が発行している。価格は1,500円。