割安にスマートフォンを使えるビックカメラの MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「BIC SIM powered by IIJ」で、6月19日から音声通話機能付きの SIM カードを申し込み当日に受け取れるようになった。 サービスに協力するインターネットイニシアティブ(IIJ)が明らかにした。

ビックカメラ、音声付き MVNO サービスの当日開通に対応、「BIC SIM」専用カウンタで
専用カウンタのイメージ

従来 MNP(番号ポータビリティ)制度を使って、BIC SIM に乗り換えると、音声通話機能付きの SIM カードが到着するまで数日かかった。しかし6月19日からは、ビックカメラ有楽町店が開設する BIC SIM の専用受付カウンタで、カードを当日入手できる。


このカウンタでは、新規契約や乗り換え時の手続き、カードの受け取りに加え、端末設定の補助を受けたり、料金プランを確認したりできる。

BIC SIM powered by IIJ は2013年に開始。音声通話付きプランは、月額基本料2,052円から利用できる。別途初期費用3,240円がかかる。