5月4日「スター ウオーズ」の日に、大阪のキャラクターグッズ販売のラナが、「スター ウォーズ」のキャラクターをモチーフにしたデジタルガジェットを展開する新ブランド「imp.」(インプ)を発表した。

imp. 第一弾は、人気ドロイド「R2-D2」をモチーフにした「R2-D2 バーチャルキーボード」で、5月4日から受注予約を開始している。


スターウォーズの日に R2-D2 の投影式キーボードをラナが販売
R2-D2 をリアルに再現し、Bluetooth で iPad や Android などの機器に接続

R2-D2 が投影するキーボードに触れると R2-D2 のあの効果音が鳴り、Bluetooth で接続された機器に文字を入力できる。

R2-D2 が投影するキーボードに触れると、文字を入力できる
R2-D2 が投影するキーボードに触れると、文字を入力できる


価格は3万3,480円(税込)で、直販サイト「ラナタウン」で予約できる。8月下旬から順次出荷予定。

「R2-D2 バーチャルキーボード」の紹介ビデオ