米国 Facebook 傘下の無料メッセージアプリケーション「WhatsApp」は安定した成長を続けている。この4月には月間アクティブユーザー(MAU)数が5億を突破した。1年間で2.5倍に拡大した計算だ。

WhatsApp、アクティブユーザーが5億を突破、1年間で2.5倍に
WhatsApp

MAU は月に1度以上アプリを使っている人を指す。競合の LINE などが発表している「登録ユーザー数」と異なり、アプリを放置している人は含まないため、そのサービスが実際どれくらい利用されているかを知る指標として重視されている。


WhatsApp の MAU は2013年4月時点で2億人、同年8月時点で3億人、さらに同年12月に4億人と、ほぼ4か月ごとに1億人ずつ上積みしており、今回もそのペースを崩さず5億人の大台に乗せた。

WhatsApp によると、ここ数か月はブラジル、インド、メキシコ、ロシアといった新興国で成長が著しかったという。また WhatsApp ユーザーは4月現在、毎日7億枚の写真と1億本の動画を共有しているという。