ビックカメラは、月額2,830円(税別、以下同じ)で使えるスマートフォンを販売開始した。毎月 1GB まで 3G 回線で高速データ通信ができ、音声通話も可能なプラン付きだ。「SIM ロックフリー(SIM フリー)」機種で、簡単にほかの携帯電話キャリアのプランに切り替えられる。合計1,000台だけ取り扱う。

ビックカメラも割安「SIM フリー」スマホ発売、月2,830円で1,000台限定
FleaPhone CPF03A(出典:コヴィア)

すでにイオンも、SIM フリーのスマートフォン販売に乗り出しており、ビックカメラの試みはこれに続くもの。


ビックカメラが仕入れたのは、コヴィアの「FleaPhone CPF03A」。LTE 回線には対応していないため、通信速度は下り最大 14.4Mbps とあまり高くないが、SIM カードを2枚挿入できる「デュアル SIM」対応で、2つの回線を切り替えながら使える。

そのほかの性能はほどほどだ。詳しく見ていくと、ディスプレイは4.5型 QHD(960×540ドット)で、CPU はクアッドコア(1.2GHz)だがメモリー容量は 512MB、ストレージ容量は 4GB となっている。最大 32GB の microSDHC カードが挿入できる。カメラは背面が500万画素、前面が30万画素。ちなみにこの製品、コヴィアが3月に直販を始めたが、そちらはすでに売り切れている。

今回は FleaPhone にビックカメラの MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「BIC SIM」が付く。毎月 1GB まで下り最大 14.4Mbps のデータ通信ができ、上限に達すると 200kbps の低速通信に移行する。通話料金は30秒あたり20円。またワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線 LAN サービス「Wi2 300」も利用できる。

ちなみに月額料金には、24回払いの機種代金も含んでいるため、それを支払い終える3年目からは月額1,900円で利用できるようになる。