スマートフォン同士をかざすだけで電子マネーによる支払いができるサービスを、楽天 Edy とトッパン・フォームズのグループ会社 TF ペイメントサービスが開発した。4月18日から「楽天 Kobo スタジアム宮城」のスタンドの一部でビールを購入する際に利用できる。

スマホ同士をかざすだけで電子マネーを支払い可能に -- 「楽天 Edy」が新サービス
スマホとカードの組み合わせでも支払可能

ビールを買う客は、楽天 Edy のアプリが入ったスマートフォンや、楽天 Edy のカードを取り出し、スタッフの持っているスマートフォンにかざすと支払いを済ませられる。今のところは、楽天 Kobo スタジアム宮城のバックネット裏付近限定のサービスだ。


なお、売る側、買う側とも所有しているスマートフォンなどが非接触 IC 技術に対応し、おサイフケータイとして使えることが前提。つまり最近の Android 搭載製品などが対象で、iPhone では利用できない。

楽天 Edy は2014年夏頃にはこのサービスを、スタジアム全体で使えるようにする予定。また屋外イベントや運輸、宅配分野への導入も目指している。

店舗などがこのサービスを導入するためには、楽天 Edy と加盟店契約を結び、スマートフォンに専用アプリをダウンロードする必要がある。アプリは今のところ一般公開していないが、将来的には米国 Google のアプリ配信サービス「Google Play」などから簡単に入手可能になる見通しだ。