スマートフォンや PC のあいだで簡単に動画を共有できるアプリケーション「RealPlayer Cloud」の日本語版をリアルネットワークスが配信開始した。合計 2GB 分の動画を無料でインターネット上に保存し、指定したユーザーに公開できる。

スマホや PC で 簡単に動画を共有できる「RealPlayer Cloud」日本版、LINE と連携
RealPlayer Cloud の iPhone アプリ

動画プレーヤとオンラインストレージを組み合わせたアプリで、PC 版 や iPhone/iPad 版、Android 版をそれぞれ無料で入手できるほか、Web サイト版も利用できる。米国では2013年に配信開始していたが、今回、日本でも正式公開となった。


最大の特徴は「SurePlay」という機能。PC や iPhone など、それぞれの画面サイズや通信速度などに合わせて動画のデータ形式を自動で変換し、最適な状態でストリーミング視聴できる。動画をダウンロードして保存することも可能。

これに加え自宅などで複数の PC や iPhone が 同じ無線 LAN (Wi-Fi)に接続している場合、1つの動画を同期して同時に視聴できる。

動画を共有する際は LINE、Facebook、Twitter といったソーシャルメディアを利用したり、メールでリンクを知らせたりできる。RealPlayer Cloud を導入していない人にも簡単に動画を見せられる。

対応 OS は iOS 6.0 以降または Android 4.0 以降、Windows 7/8/8.1 以降となっている。

なお追加料金を支払うと、オンラインストレージの容量を増やせる。月額499円で容量は 25GB、月額999円で同 100GB、月額2,999円で同 300GBになる。容量を増やすとストリーミング視聴時の最大データ転送速度なども向上し、より高精細な映像をなめらかに視聴できる。