日本マイクロソフトは、Windows タブレット「Surface」の稼働時間を60〜70%増やすバッテリー搭載キーボード「Power cover(パワーカバー)」を4月11日に発売する。直販価格は2万551円(税込)から。

MS、Surface の稼働時間を6〜7割増やすバッテリー搭載キーボード「パワーカバー」
パワーカバー

パワーカバーを装着すると、「Surface 2」では約70%、「Surface Pro」「Surface Pro 2」では約60%稼働時間を延長できる。


キーボードとしては、Type cover(タイプカバー)と同じく打鍵感を特徴としている。F1〜F12のファンクションキーやメディアコントロールキー、チャームキー、トラックパッドも備える。重さは 535g。 Surface の本体前面にかぶせてたたむと画面がオフになり、カバーとして移動中に衝撃や傷からディスプレイを保護する。

同時にクルマのシガーソケットライターに差し込むことで Surface を移動中に充電できる「カーチャージャー」も発売する。直販価格は5,637円(税込)から。

カーチャージャー
カーチャージャー