Anker ロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」モップ掛け オゾン水
Ankerのロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」

Ankerのロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」

「子供がいるから掃除機をかけたいけど、そんな時間がない」と悩んでいる人は、ぜひご覧ください。Ankerが販売している最高峰のロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」を紹介します。吸引とモップ掛けができる他、オゾン水を生成できる機能が搭載されており、床やモップ本体を清潔に保ってくれます。


商品概要

本体は高さ約9.6cmのスクエアボディとなっていて、狭くて掃除しにくい家具やベッドの下はもちろん、部屋の隅までしっかり掃除できる設計になっています。段差乗り越えは最大20mmで、モップが自動的に約12mm持ち上がり本体内に収まるため、冬にカーペットを敷いていても濡らさずに掃除することができます。掃除後、ゴミは自動でステーションに集積され、モップの洗浄や乾燥などの作業も全て自動でやってくれるのでメンテナンスの手間がかかりません。ステーション自体は、人間工学に基づいて設計されており、かがまずに本体操作ができます。


Anker ロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」モップ掛け オゾン水
スクエアボディで部屋の隅まで掃除可能

掃除後のメンテナンスはすべて自動

室内に設置されたステーションにロボット掃除機が戻ると、自動ゴミ収集はもちろんオゾン水を使ったモップの自動洗浄・乾燥(約55℃の温風)もしてくれます。ステーションには約2ヶ月分のゴミが溜められるので、ゴミ捨ての頻度が少ないのは助かります。

Anker ロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」モップ掛け オゾン水
掃除後の細かいメンテナンスは自動

生成されるオゾン水でモップも床も常に清潔

「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」は、幅29cmのローラー型モップを搭載しています。床を約1kgの加圧で押しながら拭いてくれるので、こびりついた汚れも取り除けます。本体に浄水・汚水タンクをそれぞれ搭載し、水拭き掃除をしながらモップの汚れを本体内で洗浄が可能です。モップが常に清潔なので汚れを拭き広げずに、ベタつきなどの見えない汚れまで綺麗に掃除してくれます。

Anker ロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」モップ掛け オゾン水
オゾン水を生成

サイズや掃除可能時間など

・サイズ:本体→32.5×34.7×H9.6cm、ステーション→38.3×46.7×H67.0cm
・重量:本体→4.8kg、ステーション→11.6kg
・充電時間:240分
・掃除時間:210分
・吸引力:8,000Pa
・ダスト容器の容量:250ml
・本体水タンクの容量:浄水→240ml、汚水→220ml
・ステーション水タンクの容量:浄水→3L、汚水→2L
・段差乗り越え:20mm
・モップリフト:12mm

日常的な掃除はもちろん、「子供がいるから頻繁に掃除機をかけたいと思っているけど、そんな時間はない」と悩んでいる人は、出かけているときに掃除を終わらせてくれるロボット掃除機の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
≫Amazonで詳細を確認する。

Anker ロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」モップ掛け オゾン水
「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」


関連記事:Anker 3分後に置き忘れ防止アラートが届くから忘れ物が激減!厚さ2.4mmだから財布に入れやすい「Eufy Security SmartTrack Card」を紹介します