「東京都渋谷区のKudan、NASAの月面探査ソリューションにLidar SLAM技術を提供し、GPS信号のない環境でのナビゲーションを支援」 画像1

ニュース記事

東京都渋谷区を拠点とするKudanは、NASA(米国航空宇宙局)が開発する月面探査向けソリューションの技術支援を行うことを発表しました。

月面探査ソリューションの開発支援

Kudanは、NASAが月面探査に使用するKinematic Navigation and Cartography Knapsack(KNaCK)および次世代月面探査車両に技術支援を行うことを発表しました。NASAは、月面探査の際の環境地図生成や宇宙飛行士の安全確保のためのマッピング技術開発に取り組んでいます。


KudanのLidar SLAM技術の協力

NASAは、人工知覚技術およびSLAM技術のリーダーであるKudanと協力し、KudanのLidar SLAMソフトウェアの技術協力を得て、KNaCKの機能を拡張しました。この協力により、高解像度の3D点群マッピングが可能となり、未知の地形の探査ナビゲーションおよびマッピングのためのローバーソリューションが開発されました。

月面での効果的な機能を実証

Kudanの技術支援により、月面探索のようなGPS信号のない環境下でも、SLAMや関連手法が効果的に機能することが実証されました。NASAは、この成功を受けて、将来の飛行ミッションの成功と安全確保を図るためにシステムをさらに強化する計画です。

Kudanの会社情報

Kudanは、人工知覚(AP)のアルゴリズムを専門とする深層技術の研究開発企業です。人工知覚(AP)は、人工知能(AI)と相互補完する技術として、機械を自律的に機能させる方向に進化しています。Kudanは現在、ロボティクス・デジタルツイン・自動運転などを中心に幅広い次世代ソリューションに対して技術ライセンスを提供しています。