clipse電動バイク
画像の出典はすべて公式サイトより引用

Solar Scootersからリリースの太陽光発電で駆動する「Solar E-Clipse 2.0」

Solar Scootersの「Solar E-Clipse 2.0」電動バイクは、ドックをソーラーパネルに接続して、時間の経過とともに充電することができる、太陽光を動力とする次世代モビリティです。価格は約132万円からで、予約注文が可能。2024年4月末までにリリースされる予定です。さらに好みに応じて色の選択やホイールの種類など、さまざまなカスタマイズオプションが付いています。

この「Solar E-Clipse 2.0」の登場は、電動モビリティのテクノロジーにおける大きな進歩を表し、現代のライダーに高性能、革新的なデザイン、実用的な機能の融合を提供します。


美しい外観と実用的な設計も魅力

美しさと機能性の両方に重点を置いて設計された、パフォーマンス重視の公道走行可能な電動バイクです。完全に手編みされたカーボンファイバーフレームとスイングアームが特徴で、軽量な構造を提供するだけでなく、車両の耐久性と強度も向上します。

また、調整可能なサスペンションが組み込まれており、さまざまな地形でスムーズな乗り心地を保証してくれます。さらにフルカラーLCD ディスプレイも装備されており、安全な操作に必要な情報をライダーに提供します。

しっかり公道も走れる

「Solar E-Clipse 2.0」電動バイクは、しっかりと道路法に適合するように設計されていて、サイドミラー、ナンバープレートホルダー、VIN 番号などの必要なコンポーネントを備え、簡単に登録して道路規制にも準拠できます。

通常のバッテリー充電も可能

「Solar E-Clipse 2.0」は、72V 45Ah LGバッテリーで駆動される10,000Wのピークモーターを誇り、1回の充電で時速90マイル以上の最高速度と65~75マイルの航続距離を達成できます。バッテリー システムは、充電ドックに接続すると急速充電できるように設計されており、3〜4 時間以内にフル充電できます。