トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

トヨタは「シエンタ」をフルモデルチェンジし、8月23日に発売した。「5ナンバーサイズ」や「低燃費」といった魅力はそのままに、大人7人がしっかり乗れる室内空間を確保し、2列目シート居住性を向上させた。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

デザイン

エクステリア

エクステリアは広い室内空間と取り回しの良さを体現している。デザインモチーフは「シカクマル」。全体のシルエットは取り回しの良さにもつながる“シカク”で、コーナー部は“マル”くしてコンパクトに見せている。


トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

ボディサイドには気兼ねなく使えるツールであることを表現した大きなサイドプロテクションモールを配した。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

インテリア

インテリアでもシンプルなモチーフ「シカクマル」を採用した。インストルメントパネルは薄く軽快な水平基調で、車両感覚のつかみやすさをサポートする。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

パッケージ

5ナンバーサイズはそのままに、従来モデル比20mm高くした室内高とサイドガラスを立てた意匠により、広く開放感ある室内空間を創出した。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

クラストップレベルとなる最大1,000mm(従来型比+80mm)の前後カップルディスタンスを実現し、2列目の居住性を向上させている。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

後席の快適性に配慮した「天井サーキュレーター」を設定。エアコンディショナーユニットから吹き出された暖気/冷気を効率的に後席側に循環し、前席と後席の温度の偏りを解消する。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

330mmと低いフロア地上高や段差のないフラットなフロアを踏襲しつつ、パワースライドドア開口部の高さを1,200mm(従来型比+60mm)に広げ、後席への優れた乗降性を実現した。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

バックドア開口部の高さを15mm(従来型比)拡大。荷室高も20mm(従来型比)高くしたことで、よりスムーズな荷物の出し入れを実現している。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

5人乗りタイプは2列目シートのチルトダウン構造を見直し、格納時のシート背面高さを下げたことで荷室高を50mm(従来型比)拡大した。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

ドライブトレイン

シリーズパラレルハイブリッド

1.5Lダイナミックフォースエンジン(M15A-FXE)採用のハイブリッドシステムは、システムの高効率化により、クラストップレベルのWLTCモード走行燃費28.8km/Lを達成した。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

E-Fourを採用し、降雪時や雨天時における登坂発進時の安心感を向上している。

1.5Lダイナミックフォースエンジン(M15A-FKS)+Direct Shift-CVT

1.5Lダイナミックフォースエンジン(M15A-FKS)にDirect Shift-CVTを組み合わせることで力強くダイレクトな走りと優れた燃費性能を両立した。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

ガソリン車としてもクラストップレベルのWLTC走行モード燃費18.4km/Lを達成。Direct Shift-CVTにはマニュアル感覚のシフトチェンジが楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックを設定している。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現

メーカー希望小売価格は次の通り。

トヨタ「シエンタ」フルモデルチェンジ 2列目シートの居住性を向上させ さらにくつろげる室内空間を実現