スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売

スズキは3列シートのミニバン 新型「ランディ」を8月8日に販売開始する。

スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売
スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」発売

パッケージング

全長4,695x全幅1,730mmのボディー内に、スライド量700mm以上のセカンドシートを搭載した。サードシートには片手で格納できる「ワンタッチホールドシート」を採用しており、多彩なシートアレンジが可能だ。これらの組み合わせにより、自由度の高い室内空間を実現した。


スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売
スライド量700m以上のセカンドシート

スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売
ワンタッチホールドシートを採用したサードシート

荷室にはスーパーラゲッジボックスを採用。デッキボードをヒモ付フックで開けたままにすることで、高さのある荷物の運搬時に床下の収納スペースを利用できる。

スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売
荷室には「スーパーラゲッジボックス」搭載

携帯リモコンを身につけている状態で、フロントドア下のセンサー部に足先をかざすとスライドドアが開閉する「ハンズフリーデュアルパワースライドドア」を全車に標準装備。手がふさがっている状態でもスムーズにドアを開閉可能だ。

スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売
「ハンズフリーデュアルパワースライドドア」を全車に標準装備

開閉途中の位置に止められる「フリーストップバックドア」を全車に採用。バックドアの後方が狭いときでも安心して荷物を出し入れできる。

パワートレイン

パワートレインではハイブリッドシステム(「HYBRID G」グレード)と、ガソリンエンジン(「G」グレード)の2種類を用意した。

ハイブリッドシステム

「HYBRID G」では1.8Lエンジンを搭載したハイブリッドシステムとDirect Shift-CVTの組み合わせを採用。スムーズな加速と優れたレスポンス、そしてWLTCモード走行23.2km/L(2WD車)という低燃費を実現した。4WDシステムには「E-Four」を採用している。

スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売 - スライド量700mm以上のセカンドシート搭載
1.8L ハイブリッドシステム

ガソリンエンジン

「G」では、2.0LエンジンとDirect Shift-CVTの組み合わせを採用。力強くダイレクトな走りと優れた燃費性能を両立した。

スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売 - スライド量700mm以上のセカンドシート搭載
2.0L直列4気筒エンジン

デザイン

エクステリア

フロントフェイスでは、シャープな印象のLEDヘッドランプやボディー同色仕上げのフードモールディング、シルバーのフロントグリルなどにより、押し出し感のあるスタイルを追求している。

スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売 - スライド量700mm以上のセカンドシート搭載
押し出し感のあるフロントフェイス

インテリア

インテリアでは、ブラックアウトした細いフロントピラーと水平基調のインパネの採用で、見晴らしが良くスッキリとした上質感のある開放的な運転視界を実現した。

スズキ 3列シートのミニバン 新型「ランディ」を発売 - スライド量700mm以上のセカンドシート搭載
見晴らしが良く、開放的な運転視界のインテリア

メーカー希望小売価格はガソリンエンジンを搭載した8人乗り「G」グレードの2WD車が310万6,400円で、4WD車が332万7,500円。ハイブリッドシステムを搭載した「HYBRID G」グレードの2WD車が345万700円で、E-Four車が369万7,100円。