マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始

マツダは、「CX-60」の予約受注を6月24日に開始する。同社による新世代ラージ商品群の第一弾モデル。

マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始

「CX-60」は、現代のクルマに求められる安全性能と環境性能を確保しつつ、心昂る走行性能も実現した新型クロスオーバーSUV。4種類のパワートレインと4種類のデザイン表現を組み合わせた幅広いグレードで展開される。


マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始

「CX-60」の商品概要は以下のとおり

4種類のパワートレイン

パワートレインでは、直列4気筒ガソリン+モーターの「eーSKYACTIV PHEV」、直列6気筒ディーゼル+モーターの「e-SKYACTIV D」、直列6気筒ディーゼル「SKYACTIV-D 3.3」、直列4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」という4種のドライブユニットと、8速ATの組み合わせが採用された。

マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始
eーSKYACTIV PHEV

マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始
e-SKYACTIV D

8速ATは多段化による滑らかで応答の良い変速を実現。またワイドレンジ化により、走りと環境性能を両立している。

マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始

i-ACTIV AWD

高いトラクション性能と理想的なハンドリング特性を実現した後輪駆動ベースの4WDシステム「i-ACTIV AWD」を新開発。減速時には回生協調ブレーキと連携し、前後の回生配分を最適化することで、効率的で安定した制動姿勢を実現している。

デザイン

コンセプト

デザインコンセプトは「Noble Toughness(ノーブルタフネス)」。力強いFR骨格やインテリア空間のタフさの中で、魂動デザインの知性やエレガンスを表現している。

マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始

インテリア

狭い場所でも周囲の状況を確認できるよう360度ビュー・モニターに加え、シースルービューを採用した。TFT画面は12.3インチのフル液晶メーターで、センターディスプレイにも12.3インチサイズを採用している。

マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始

アクティブ・ドライビング・ディスプレイは視認性や瞬読性を向上させた。

マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始

第三の匠塗カラー

第三の匠塗カラーで、禅の世界の「無」から着想した「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を初採用した。

マツダ 新型「CX-60」予約受注を6月24日開始

4つの世界観

デザインでは上記を共通特徴としつつ、固有の価値を持たせる4つの世界観を展開する。
・プレミアムモダン:自然がもたらす変化に美を見出し、きめ細やかにしつらえる日本人の精神を表現
・プレミアムスポーツ:上質なスポーツカーのような質感と大胆さを表現
・ギャラント:丈夫なSUVでありながら、各部の質感を高めて大人の魅力を演出
・アクティブ:丈夫で気兼ねなく使える相棒のような存在

メーカー希望小売価格帯は299万2,000円から626万4,500円。販売開始は2022年9月に予定されている。